プロフィール

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

初めまして、当サイトを運営しております毛深 濃男(けぶかい こいお)と申します。

自身の脱毛の記録をすることで、同じく毛深くて悩んでいる男の人の参考になるのではないかと思いこのサイトを立ち上げました。

なぜ30代の男が脱毛を始めたのか、自己紹介がてら書いていこうと思います。

目次

ずっとコンプレックスだった毛深い体毛

物心ついたときにはすでに毛深くて、中学生にもなるともう全身ボーボーでした。

授業のプールなどがイヤでイヤで仕方なかったのをいまでもよく覚えています。

あるとき思い切って剃ってみたのですが、気になっていた子に「あれ?ひょっとして毛剃ったの?」と聞かれてすごーく恥ずかしくなってしまいました。

もちろん相手に悪気があったわけではないと思いますが、私の心は粉々に砕けてしまい、それからは剃ることもやめて長袖と長ズボンを身につけ体毛を隠し続ける生活をしていました。

真夏でも。それがいくら暑くて不自然でも。

もう異常なほどずっと長袖を着て長ズボンを履いている、そんな青春時代を過ごしていました。

30代にして脱毛を決意

そんなこんなで気づけばすでに30代になっていました。

毛深いまま長袖長ズボンを履きながらも恋愛をし、結婚して子宝にも恵まれました。

真夏になると半袖や半ズボンを履く日も稀にあり、以前よりは毛深くて恥ずかしいという気持ちが薄れていました。

(とはいえ、ギリギリまで長袖長ズボンですが)

また、家族のまえでは半袖や半ズボンでも恥ずかしくなくなり、涼しく幸せな日々を過ごしていました。

そんなある日、妻と娘が話しているときに、「毛が濃いのがちょっとイヤで…」という言葉を偶然にも聞いてしまいました。

これは俺のことか?

どうみても自分は毛が濃い男だし…

まさか、最愛の娘にそんな風に思われていたとは…

もうパニックです。

なぜ家族のまえだからと油断して半袖と半ズボンを履いてしまったのか。

なぜ1年中長袖長ズボンを着る生活を続けなかったのか。

後悔しかありません。

数日間悩み、全身の毛を剃ってしまおうかとも思ったのですが、思い出す中学生時代のトラウマ…

ここである考えが浮かびました。

初めから毛なんか無かったことにしてしまえばいい。

初めて脱毛というものを意識しました。

初めからなかったことになんかできないのにパニックのせいで思考がおかしくなっていましたが、なんども剃ってまた剃ったのがバレるのも恥ずかしいので、脱毛の方が良いと思ったのです。

そして震える手を抑えながら妻に宣言しました。

俺、脱毛する

妻にも内緒でとも少し思ったのですが、さすがにそれは無理だと思い、初めに宣言しました。

あと、お小遣いで出来るか心配だったので助けてもらえないかという下心もありました。笑

脱毛の方法を探す

脱毛の方法はいくつかあります。

  • 医療脱毛※永久脱毛が可能
  • 脱毛サロンでの脱毛※永久脱毛はできない
  • 家庭用脱毛器の脱毛※永久脱毛はできない

最初に決めるべきは、永久脱毛がしたいかどうかでした。

私の場合、部位によっては永久になくてもよかったのですが、ヒゲなどはひょっとしたらいずれ生やしたくなるかもしれないと思っていました。

というかヒゲは薄くなって残っているのが理想。

腕や足や胸は永遠になくてもいいと思ったのですが、医療脱毛でなくても全然生えてこない人もいるというのを知って、永久かどうかはあまりこだわらなくても良いかなという結論になりました。

あとはどうせ脱毛するなら全身脱毛をしたかったのですが、サロンでVIOを見せるのはやっぱり抵抗あるしなー、とか色々考えて悩んでいたところで妻が、「私これがいい」と家庭用脱毛器を見せてきました。

あれ?自分も使うの?

と思ったのですが、それならそれで良いかと思い、家庭用脱毛器に決めました。

それから他の家庭用脱毛器も見てみたりして探したのですが、最終的にはVIOを含む全身に対応している脱毛器に決まりました。

あとはこのタイミングで知ったのですが、娘が「毛が濃いのがイヤで」と言っていたのは自分のことだったみだいです。

完全に遺伝ですね。。。すまん、娘。

ということで、いずれは娘も使えるようにというのも家庭用脱毛器に決めた理由でした。

この時点になると、ずっとコンプレックスをだった体毛がついになくなるかも!?ということで少しの不安と大きな期待でワクワクしていました。

脱毛をしたら幸せになった

脱毛の過程は記事にこれでもかというほど記しているので省きますが、脱毛をしたら大げさではなく幸福度が上がりました。

  • 半袖を着ても恥ずかしくない
  • 半ズボンを履いても恥ずかしくない
  • 暑いのを我慢する必要がない
  • いきなり脱ぐことになっても大丈夫
  • 海やプール、温泉で気持何も気にする必要がなくて気持ち良い
  • ズボンのはき心地が断然良い
  • 色が白くなった

まだまだ色々ありますが、今までは毛に覆われていて気づかなかった自分が色白だったという事実には驚きました。笑

良いことばかりで説明するとキリがないので、自分自身でたしかめて欲しいです。

想像していたデメリットとしては、トラウマでもある毛を剃ったことを聞かれることだったんですが、脱毛していたらどうでもよくなりました。

まだ言われたことはありませんが、毛がなくなったことについて誰かに聞かれたら全身脱毛したと正直に言おうと思っています。

いまの時代は男でも脱毛している人も珍しくありませんし、悪いことをしているわけでもないです。

ただ自分のコンプレックスを解消しただけなので、胸を張って言えると思います。

「脱毛しました!」と。

そう前向きに思えるようになったのは脱毛したおかげです。

もし体毛が濃くて悩んでいるのであれば脱毛してみてはいかがでしょう?

少なくとも私は、もっと早くしておけば良かったという感想しかありません。

個人的にはサロンやクリニックよりも家庭用脱毛器の方がオススメです。

恥ずかしいところを見られることもありませんし、コストもはるかにかからないので。

もう毛の濃さで悩む時代ではありません。

少しでもはやく体毛の悩みから解消されてくださいね!

目次
閉じる